どうして足がつる?予防したい人は集合!!

足がつるということ

足がつること、それをこむら返りとも言います。足がつるということは、急になってしまうものです。
外出時やスポーツをしている途中ということもあれば、自宅でふとした時になってしまうこともあり、予測を付けることが難しくもあります。

 

だからこそ、普段から足がつるということに対して、注意して行くことが大切です。
これまで外出時にいきなり足がつってしまったという経験を何度か繰り返しているという人は、予防法を実践するようにしましょう。

 

それで確実に足がつるということが少なくなって来ます。
もちろん、これまで足がつったという経験が無いという人も、自分には関係の無いことだと思うのはよしましょう。
それは、足がつるということが、年齢を重ねれば重ねる程に回数が増えて行くからなのです。
また、予防法を知っておくと、周りの人をフォローすることもできますから、ずばり一石二鳥というわけなのです。

 

実際は、足がつるということを予防するためには、意外と多くの方法があるのです。
これ!!というひとつ、ふたつの方法ではありません。普段の生活から食事、運動時のことまで意外と多くの予防法がありますから、これらをいくつか実践して行くようにしましょう。
そうすることによって、確実に足がつるという回数を減らすこともできますし、もしかすると足がつるということが無くなって来るかもしれませんよ。

足がつるなら予防/血行よくする

足がつるということ、それは足の自由も奪いますし、足(ふくらはぎ)の激痛も伴うというものです。
はっきり言って、いきなりのことに慌てます。転んでしまうこともありますし、意外と恥ずかしいものです。
だってそうでしょう?大の大人が転んでしまうんですから・・・あまりそういうことって無いですものね。
ということもあり、足がつることを予防したいという大人が多いんです。

 

こむら返りについて聞いてみると、一番多いのが中年期以降の女性ということが分かります。
あらゆる年齢で足はつっているようですが、この年代の女性に一番多いということに何らかの理由が隠されていることは分かります。

 

○●血行をよくする●○
血行をよくすることで、足がつるということを予防することができます。
足の血行がよくない人というのは、特に女性に多いのですが、その中でも中年期以降の女性には多い傾向があるのです。
足の血行がよくないということには色々な理由がありますが、理由はさておき血行をよくすれば足がつるということを改善できることは確か。
ここまで分かっているのであれば、防寒などまずはできることから始めて、血行をよくするようにしたいものです。
足の血行をよくするということで、保温効果のある靴下やレッグフォーマーなどを着用するだけでもかなり変わって来ます。
タイツなどをはく時には、保温効果のあるものをセレクトするだけでも、外出時に違いが出て来ます。

 

こむら返りの治し方|寝てるときに足がつってしまう人のための対処法 

関連したサイト

こむら返りの治し方・・・寝てるときに足がつってしまう人のための対処法

足がつるなら予防/運動をする

足がつるという人に多いのが運動不足だということです。
運動不足というと、定期的に運動(どこかのスポーツクラブに通ったり)をしていないといけないと思っている人もいるようですが、そういうことではありません。
確かに、定期的にスポーツクラブに通うということになれば、確実に運動をしなければならないという日が出てくるので、自分を追い込むという意味では確実に運動ができる気もします。
しかし、実際はそのように自分を追い込むという形で運動をしようとすると、そのことがストレスになってしまうという場合もあるようです。
仕事でなかなか通えないというようなことが重なってくると、「費用も払っているのにもったいない・・・」ということにもなりかねません。
そのような人は、スポーツクラブに通うというようなことはマイナスに作用することにもなりかねません。

 

○●自分に無理のない方法がベスト●○
運動をするということは、自分に無理のない方法がベストな方法なのです。
ストレスにならない、長く続けられるという方法がこれに当たります。
ですから、自宅で運動をするということでもいいですし、スポーツクラブに入ってみるのもいいでしょう。
長いビジョンで物事を捉えるようにすることが大切です。

 

足がつる原因と治し方|睡眠中に足がつってしまう人へ 

足がつるなら予防/ミネラル摂取

足がつるというと、多くの人は運動不足とか、準備運動が足らなくて筋肉がびっくりしちゃった?と思ってしまいがちなのですが、実際はさまざまな理由があるのです。
そのひとつに、ミネラル不足というものがあります。ミネラルは私たちの身体になくてはならないものであることは確かですし、ミネラルに分類される栄養分もかなりの数あるのです。
さらに、ミネラルというものが難しい物質であることも言われており、それらを摂取したからといって、確実にすべてが吸収されるというわけでもないのです。
少食の人は難しくなることが明らかですし、腸が悪いという人も吸収率が悪くなることは間違いないでしょう。そんなミネラルの中でも、足がつるということを予防できるのが二つの栄養素なのです。

 

○●カルシウムとマグネシウム●○
これらのミネラルは、吸収が難しいものです。
カルシウムと言えば、乳製品をはじめ小魚や野菜では小松菜に多く含まれると言われる栄養素ですが、サプリメントでもよく見かけます。
マグネシウムと言えば、あらゆる食品に少しずつ含まれる栄養素ではありますが、やはり吸収がそこまで良くないので、普段から多めに摂取しておくことが必要な栄養素です。
どちらのミネラルも不足すると足がつるということになりますので、体内に不足しないようにしましょう。